語りえぬものはかく語りき

柾葉進の徒然なる随想ブログ

2011-09

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

[--------]  スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2011-09-18]  複素平面モデルから考察する2次元趣味  

僕のようにアニメやエロゲを趣味とする人間は、えてして世間から奇異の眼差しを向けられることがある。もちろんアニメに関しては昨今、かなりイメージが向上しているように思う。それに伴ってエロゲもまた認知度が高まり、昔ほどの偏見はなくなってきているようだ。だが、依然として胸を張って公言しにくい趣味ではあるだろう。

僕自身こういったいわゆる2次元趣味が高尚とまでは思っていないが、もう少しまともなもの、それなりに価値のあるものとして世間に認識されてもいいではないかと思っている。そしてそのためには、2次元趣味が我々人間の現実生活に対してどのようなメリットをもちうるかを端的に説明できるモデルが必要ではないかと考える。以下はその一案である。(まあどう見ても屁理屈ではあるが。)

現代日本において隆盛を誇っているアニメ、マンガ、ラノベ、そしてエロゲ。こういったものは上でも書いたようにしばしば一般に「2次元」と称され、たとえばそこに登場する可愛い女性キャラクターは「2次元美少女」ということになるし、そういう作品が好きである人間は「2次元ヲタク」と呼ばれるのは周知の事実であろう。

続きを読む ≫

 | ホーム | 


 

 プロフィール

柾葉 進  (まさば すすむ)

 ブログ内容

哲学、歴史、文学、評論等。アニメやエロゲ(美少女ゲーム)を切り口にして論じたものが多数あります。

 ブログ案内

 全記事リスト

全ての記事の一覧

 ブログ内検索

 連絡先

pantheratora2369
☆zoho.com
(☆を@に変えて下さい)

 カテゴリ

 年別アーカイブ

 新刊情報

 
● 「私たちが選挙に行く意味は本当にあるのだろうか?」

 刊行書籍

 
● 「『永遠の0』と『魔法少女まどか☆マギカ』の類似点に関する考察」(2015年)
 
● 「美少女ゲーム作品にみるニーチェの思想」(2015年)

 RSSリンク

 

FC2Ad



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。