語りえぬものはかく語りき

柾葉進の徒然なる随想ブログ

2012-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

[2012-04-10]  自己と他者の交わる場所  

田中ロミオの描くシナリオは、良くも悪くも他のエロゲ作品とは一線を画するところがあるというのは、読んだ者のおそらく誰もが感じることであろう。有り体に言えば「クセのある作品」ということであり、合わない人には本当に合わないようだが、合う人にとっては、まるで美術館で名作の前にたたずむような静謐さと、頭の中の神経回路がどんどん活性化していくような興奮、その両方が一度に訪れるような感動さえ覚えるものだろう。

ひとまずは、読む者を決して飽きさせないリズミカルな文体、という表現が可能であろうが、しかしそんなものはその辺の小説を探せばいくらでもある。そういうレベルではなく、数行読むだけで「これが田中ロミオだ」と否応なしに教えられるような、独特のテンションとでもいうべきものが一文一文を支配している。それでいて、いやらしさや押しつけがましさといったものがまったく無い。あまりにも自然で日常茶飯事な魔法のように、彼の文章は読む者の心に何の抵抗もなく入り込み、物語世界を構築してゆく。

しかしながら、その魅力的な文体でさえ彼にとっては一つの道具にすぎない。田中ロミオ作品の真価はその圧倒的に深淵なテーマ性にこそある。いや、深淵というのは少々語弊があるかもいれない。テーマそれ自体は至極単純なのである。言うなれば「自分と他者」。彼の目はその一点にのみ注がれている。

続きを読む ≫

 | ホーム | 


 

 プロフィール

柾葉 進  (まさば すすむ)

 ブログ内容

哲学、歴史、文学、評論等。アニメやエロゲ(美少女ゲーム)を切り口にして論じたものが多数あります。

 ブログ案内

 全記事リスト

全ての記事の一覧

 ブログ内検索

 連絡先

pantheratora2369
☆zoho.com
(☆を@に変えて下さい)

 カテゴリ

 年別アーカイブ

 新刊情報

 
● 「東大医学部卒が語る 医師国家試験多浪体験記」

 準新刊情報

 
● 「私たちが選挙に行く意味は本当にあるのだろうか?」
 
● 「Boys,be unprecious!」

 刊行書籍

 
● 「『永遠の0』と『魔法少女まどか☆マギカ』の類似点に関する考察」(2015年)
 
● 「美少女ゲーム作品にみるニーチェの思想」(2015年)

 RSSリンク

 

FC2Ad