語りえぬものはかく語りき

柾葉進の徒然なる随想ブログ

2014-04

« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»

[--------]  スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2014-04-21]  花見と著作権  

敷島の大和心を人問はば、朝日に匂ふ山桜花。


本居宣長が日本人の精神について詠んだとされる有名な歌です。桜は、単にその美しさで人々の心を魅了してきただけでなく、「散り際の潔さ」を是とする武士の在り方を体現するものとして、敷島(=日本)に生きる人間の内面そのものを育んできた花でもあります。

ともすれば淡く儚い一面をもっている桜の花ですが、この歌では「朝日」という語と結びつき、力強い生命力を感じさせます。たとえ散ったとしても、時を経ればまた必ず花を咲かせる……。それは露のような人の命に宿る、壮大な気概と躍動感の象徴でもあります。美しい生とは、そういった「弱さ」と「強さ」の絶妙な矛盾の中でこそ紡がれるものなのかもしれません。

さて、そんな感じで現代人にも変わらず愛され続けている桜ですが、今年の春は僕はバタバタしていて、ゆっくり見る機会がなかったのが残念です。住んでいる近くになかなかの名所があるのですが……。

続きを読む ≫

 | ホーム | 


 

 プロフィール

柾葉 進  (まさば すすむ)

 ブログ内容

哲学、歴史、文学、評論等。アニメやエロゲ(美少女ゲーム)を切り口にして論じたものが多数あります。

 ブログ案内

 全記事リスト

全ての記事の一覧

 ブログ内検索

 連絡先

pantheratora2369
☆zoho.com
(☆を@に変えて下さい)

 カテゴリ

 年別アーカイブ

 新刊情報

 
● 「私たちが選挙に行く意味は本当にあるのだろうか?」

 刊行書籍

 
● 「『永遠の0』と『魔法少女まどか☆マギカ』の類似点に関する考察」(2015年)
 
● 「美少女ゲーム作品にみるニーチェの思想」(2015年)

 RSSリンク

 

FC2Ad



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。