語りえぬものはかく語りき

柾葉進の徒然なる随想ブログ

2018-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»

[2013-04-03]  日本人と漢字  

「日本語は、特殊な言語だ」 とよく言われます。文法や敬語など、様々な点についてそれは指摘されます。しかし日本語がもっとも特徴的なのは、「複数の種類の文字を持っている」ことではないでしょうか。

かつての日本人は、中国という東洋世界の中心から漢字を輸入し用いていましたが、やがてその漢字をもとにして「“ひらがな”と“カタカナ”を作り出しました。ところが、ようやく民族独自の文字を2種類も持つことができたのにもかかわらず、日本人は外国産である“漢字”を、捨てずに使い続けたのです。

表意文字である漢字の利便性が大きかったというのもあるでしょうが、僕は個人的には、日本人は「漢字を好きになってしまった」から、捨てられなかったのではないか、というちょっと情緒的なことを考えています。

漢字が好きすぎて、あろうことか中国語を習わずとも日本語のまま漢文を読めてしまう翻訳方法「訓読」を開発してしまった日本人。その“漢字仮名交じり”の訓読文こそが、日本語の骨格となっていったのです。現代日本語のベースとも言える夏目漱石の文体も、幼少時に大量の漢籍を読んだ経験の産物だと言われます。

僕は、漢字を捨てなかった日本人の選択は、正しいと思います。(選択というよりは、「あれもいいけど、これもいいな」と優柔不断で全部採用してしまったという、ある意味日本人らしさの結果かも知れませんが。)

李白や杜甫の漢詩が、ひらがなだけで訳されていたら、情感はきっと半減どころではないでしょう。一文字だけで色々な背景を想像させてくれるという点で、ひらがなやカタカナのような表音文字では決して代用できない素敵な魅力が、漢字にはあるのです。

そうして21世紀となった現代でも、漢字は、日本の社会や文化のいたるところで活躍しています。

近年のPCの発達によって一般に作られるようになったMAD動画においてもそれは例外ではなく、むしろこういった芸術的な場面において、漢字はその本領を発揮します。





静止画MADではおそらく最も有名な作者の一人、軍魔氏のMAD作品「Last Present」。元作品はLeafの2004年発売のエロゲ『To Heart2』です。 エロゲ自体の絵や背景の質もさることながら、軍魔氏の動画技術もあいまって、もはや通常の“静止画MAD”から一段飛び抜けたクオリティに仕上がっています。

しかし、これこそが軍魔流“静止画MAD”ということでしょう。一部公式OPのアニメーションを用いている箇所がありますが、基本的には一枚一枚の「絵」を加工・編集して作られています。本当に気の遠くなるような作業量です。

しかし、真にすごいのはその作業量ではなく、演出方法の工夫です。動かない絵を、いかに魅力的に見せるか。このたった数分の動画の中には、軍魔氏の様々な挑戦を読み取ることができます。

その一つが、1分35秒くらいの部分で、ほんの一瞬ですが人物とともに表示される「想」。そして次の瞬間には「夢」へと切り替わる、この二つの“漢字”の演出です。

動画の他の部分では英語による演出が多い中、ここはあえて漢字を大きく提示するという着想と、あえてこの2つの字を選んだ判断が、素晴らしく功を奏していると感じます。斬新であるはずなのに、まるでそれが当然であったかのように、しっくりくる。センスの良い演出とは、そういうものではないでしょうか。

そして何よりこの演出は、我々が漢字というものを持っているからこそ生まれたものです。「おもう」「ゆめ」、あるいは「think」「dream」では、何かが欠けてしまう。一文字だけ表示するからこそ、雰囲気がどこか引き締まり、独特の情感が出るのです。そういうふうに考えたとき、漢字ってやはり偉大だなぁと改めて実感し、冒頭のような話題を書いてみたという次第です。


  *  *  *


日本では歴史上、漢字廃止論が何度か浮上したこともあるようですが、全部流れています。個人的には、それで良かったのではないかなと思っています。

やはり漢字は中国発祥とは言え、もはや日本の文化の根幹に結びついていますから、それを捨てるのは得策ではないでしょう。無為に起源にこだわる必要はなく、外から伝わったものをきちんと生かして自らの血肉と変えていく、それが日本らしさだと思います。カレーライスやラーメンみたいに。

(韓国や北朝鮮では残念ながら廃止されハングルのみになってしまいましたが、近年は漢字復活の声もあがっているようです。)

前の記事≪   | ホーム |   ≫次の記事

[ コメント ]

[ コメントの投稿 ]


 

 プロフィール

柾葉 進  (まさば すすむ)

 ブログ内容

哲学、歴史、文学、評論等。アニメやエロゲ(美少女ゲーム)を切り口にして論じたものが多数あります。

 ブログ案内

 全記事リスト

全ての記事の一覧

 ブログ内検索

 連絡先

pantheratora2369
☆zoho.com
(☆を@に変えて下さい)

 カテゴリ

 年別アーカイブ

 新刊情報

 
● 「東大医学部卒が語る 医師国家試験多浪体験記」

 準新刊情報

 
● 「私たちが選挙に行く意味は本当にあるのだろうか?」
 
● 「Boys,be unprecious!」

 刊行書籍

 
● 「『永遠の0』と『魔法少女まどか☆マギカ』の類似点に関する考察」(2015年)
 
● 「美少女ゲーム作品にみるニーチェの思想」(2015年)

 RSSリンク

 

FC2Ad