語りえぬものはかく語りき

柾葉進の徒然なる随想ブログ

2019-12

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»

[2017-12-26]  新刊案内  

新刊案内です。


冬コミにて暗黒通信団さんから新刊を出させていただくことになりました。
タイトルは「Boys, be unprecious!」です。

生物学におけるエクソン/イントロンの概念と、古代中国の老子の思想を結び付けます。

暗黒通信団さんの本を取り扱っている全国の書店でもお求めいただけます。
[参考:暗黒本が置いてありそうな書店
インターネット通販でもご購入いただけますので、下記リンクからどうぞ。

※ 一定期間が経過すれば当サイトで全文公開いたします。


「Boys, be unprecious!」





社会を生命体に喩えるならば、人類史に名を残す一部の成功者は遺伝子の必要部分(エクソン)であり、その他大勢の名も無き人々は遺伝子の不要部分(イントロン)である。社会は自らの存続のため、我々各人にpreciousな生き様への憧憬を抱かせる。だからこそあえて言おう、エクソンではなくイントロンたれと。【柾葉進著/A5 36P 価格300円(税抜)】







前の記事≪   | ホーム |   ≫次の記事

[ コメント ]

[ コメントの投稿 ]


 

 プロフィール

柾葉 進  (まさば すすむ)

 ブログ内容

哲学、歴史、文学、評論等。アニメやエロゲ(美少女ゲーム)を切り口にして論じたものが多数あります。

 ブログ案内

 全記事リスト

全ての記事の一覧

 ブログ内検索

 連絡先

pantheratora2369
☆zoho.com
(☆を@に変えて下さい)

 カテゴリ

 年別アーカイブ

 新刊情報

 
● 「東大医学部卒が語る 医師国家試験多浪体験記」

 準新刊情報

 
● 「私たちが選挙に行く意味は本当にあるのだろうか?」
 
● 「Boys,be unprecious!」

 刊行書籍

 
● 「『永遠の0』と『魔法少女まどか☆マギカ』の類似点に関する考察」(2015年)
 
● 「美少女ゲーム作品にみるニーチェの思想」(2015年)

 RSSリンク